目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

円錐角膜の症状

円錐角膜は角膜が薄くなって円錐状に突出してくる目の病気です。円錐角膜は何年にもわたってゆっくりと進行するとされていますが、数ヶ月で急速に症状が進行することもあります。

円錐角膜の症状の変化

円錐角膜の症状は不正乱視が強くでる視力低下が特徴です。円錐角膜の初期では、視力低下や、物がぼやけて見えたり、眩しいなど光に対して敏感になったりします。
円錐角膜が進行すると角膜に濁りが生じ物が歪んで見えるようになります。円錐角膜は両目に起きることが多く、左右の円錐角膜の進行程度が異なることでいわゆるガチャ目の状態になることがあります。

円錐角膜と乱視の区別

初期の円錐角膜と強い乱視の区別は難しく、円錐角膜であるに近視や乱視の屈折矯正手術を受けてしまうことが問題になっています。
現在の屈折矯正手術は角膜を削る手術ですから、角膜が薄いために突出して起こる円錐角膜において、屈折矯正手術は逆に円錐角膜を進行させてしまいます。安易な屈折矯正手術は避けるのが賢明と考えられます。

 - 円錐角膜

PC用

PC用

  関連記事