目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

ドライアイとは

ドライアイは乾燥性角結膜炎のことで、結膜と角膜が乾燥する病気です。眼を酷使する人や、高齢者や女性に多い傾向があります。コンピューター、コンタクトレンズ、アレルギー性結膜炎とドライアイ(乾燥性角結膜炎)は深く関係しているといわれています。

ドライアイには涙液欠乏性ドライアイ(涙液分泌減少型)と蒸発性ドライアイ(涙液蒸発過多型)に大別されます。年齢に伴い涙腺の機能低下で涙液が減少してドライアイになる傾向があります。涙液欠乏性ドライアイは閉経後の女性に多くみられます。

ドライアイという言葉もよく耳にするようになりましたが、疲れ目の過半数がドライアイであるのに、目の疲れをうったえる人の多くが自分がドライアイであることを自覚していないともいわれています。

ドライアイと疲れ目・眼精疲労の関係

涙は目の乾燥を防ぐ役割や血管のない角膜に酸素と栄養を供給しています。涙が少なくなれば角膜は酸素不足・栄養不足の状態になります。また、涙は外界からのほこりなどを洗い流したり細菌やウイルスを殺菌する作用や、涙が角膜表面の凹凸を満たすことで光の乱反射を防ぐ働きがあります。これらの涙の作用・働きが低下すれば、目は疲れやすくなり、さらに目の病気を引き起こしてしまいます。

 - ドライアイ

PC用

PC用

  関連記事