目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

ドライアイの症状と原因

ドライアイ(乾燥性角結膜炎)は、目が乾いているだけではありません。涙の量が足りなくなったり、涙の成分が変化して、目の表面の細胞がはがれて傷ができていることがあります。ドライアイ(乾燥性角結膜炎)で失明することは稀とされていますが、角膜の表層が厚くなったり角膜に潰瘍・傷・新生血管ができると視力障害の可能性がでます。

ドライアイの原因には、目の瞬き、生活環境、コンタクトレンズ、病気や薬の副作用などがあげられます。

眼精疲労の初期症状と似た症状のため見過ごされやすいのですが、涙液は目の乾燥を防ぎ、角膜に栄養を補給し、角膜や結膜に付いた汚れや細菌などを除去する重要な働きをしています。目が痛くないからといって無理をせずに眼科の検診を受けましょう。

ドライアイ(乾燥性角結膜炎)の症状

  • 目が疲れやすい
  • めやにが出る
  • 眼がゴロゴロする
  • 目が重たい感じがする
  • 目が乾いた感じがするく(ショボショボする)
  • 涙が出る
  • 目がかゆい
  • 目が痛い
  • 物がかすんで見える
  • 光を見るとまぶしい
  • 目が充血する

ドライアイの原因はさまざま

瞬き(まばたき)が少ない
瞬き(まばたき)が少ないと、涙液が少なくなって水分蒸発が促進されることにより涙液層(ムチン層)が傷みます。コンピューター・テレビゲーム・読書・車の長時間の運転・細かい作業では、通常の瞬きよりも極端に瞬きの回数が減少します。また、目を大きく見開いている・下三白眼ではドライアイになりやすいといわれています。

生活環境
乾燥する季節の冬には目も乾燥しやすくなります。冷暖房などのエアコンの風が目にあたると涙の蒸発が促進されますし、疲れ・緊張・ストレスでも涙液の分泌が減る傾向にあるといわれています。

コンタクトレンズ
ソフトコンタクトレンズは素材自体が涙を吸収して蒸発させますから長時間の装用でドライアイになることがあります。ドライアイになりやすい場合はハードコンタクトレンズのほうが良いようです。

病気
アレルギー性結膜炎では、結膜のブツブツが摩擦を起こしたり結膜から分泌される有毒物質などにより涙液層が不安定になりドライアイになります。
また、自己免疫疾患(膠原病)のシェーグレン症候群、関節リウマチ、全身性エリテマトーデスの症状のひとつとしてドライアイになることがあります。

薬の副作用
内服薬(特に精神科の薬)が誘因になってドライアイが起きることがあります。

 - ドライアイ

PC用

PC用

  関連記事