目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

VDT症候群・テクノストレスの原因症状

VDT症候群はテクノストレス眼症とも呼ばれます。VDTは「Visual Display Terminal」の略です。VDT症候群(テクノストレス眼症)はパソコンの使用と大きく関係する症状で、新しい現代病ともいえる病気です。

VDT症候群(テクノストレス眼症)は、ディスプレイなどのコンピュータの表示機器を使った長時間作業による眼精疲労やドライアイから始まります。VDT症候群(テクノストレス眼症)による眼精疲労を疲れ目(眼疲労)と判断して放っておくと目だけでなく心身にも支障がでてきます。

異常を感じたら早目に眼科専門医に診てもらいましょう。

テクノストレス眼症の原因

VDTを使う仕事は、視線が画面・キーボード・書類の3カ所を移動するため目が疲れやすく眼疲労から眼精疲労になりやすいのです。
加えて、集中して画面を見続けるため瞬き(まばたき)回数が普段よりも減りますからドライアイになりやすくなります。
また、長時間同じ姿勢をとることで、肩こりや、首・肩・腕・背中の痛みなどを引き起こしやすくなります。

TVゲームでもVDT症候群(テクノストレス眼症)になりやすく、特に子供の視力低下は無視できません。

テクノストレス眼症の症状

視覚系の症状
ドライアイ、眼精疲労、視力低下など

筋骨格系の症状
肩こり、首・肩・腕の痛みやだるさ、背中の痛み、腰痛、手指のしびれなど

精神神経系の症状
イライラ、不安感、抑うつ、頭痛、めまい、倦怠感、食欲不振・過食、睡眠障害(不眠)など

 - VDT症候群

PC用

PC用

  関連記事