目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

後天性眼瞼下垂

後天性眼瞼下垂は、腱膜・神経・筋肉の異常が原因ですが、後天性眼瞼下垂の殆どは腱膜が原因です。腱膜性の眼瞼下垂の多くが老人に起きるため、老人性眼瞼下垂とも呼ばれます。

腱膜が原因の後天性眼瞼下垂

腱膜性眼瞼下垂症とは腱膜が瞼板より外れたり薄くなったりして瞼があがらなくなった状態です。老人に多く発症するため老人性腱膜性眼瞼下垂症ともよばれます。加齢による眼瞼下垂では両目に起こってきます。

加齢のほかに、目を擦ることによって腱膜性眼瞼下垂症の症状が起きることがあります。目を擦る動作には、アトピー、花粉症、逆さまつげ、コンタクトレンズ使用、化粧を落とすなどがあります。

腱膜が眼瞼下垂の原因の場合は、一般的に複視(乱視でないのに物が二重に見える)がありません。

腱膜性眼瞼下垂症の手術では挙筋短縮術が主流でしたが、腱膜を瞼板の元の位置に固定する挙筋前転法に変わりつつあるようです。

 腱膜性眼瞼下垂の外見上の変化と症状

  • 二重瞼の変化(一重が二重になる、二重の幅が広くなるなど)
  • 目の上が落ちくぼむ。
  • 三白眼になる。
  • 常に眉毛を上げている、顎を上げている。
  • 瞼(まぶた)が重い。
  • 夕方になると瞼(まぶた)が開かなくなる。
  • 目の奥が痛い。(眼瞼挙筋を収縮させようとするため)
  • 咀嚼筋の疲れや顎関節症(歯を食いしばって瞼を開けておこうとするため)

神経、筋肉が原因の後天性眼瞼下垂

外傷・腫瘍・放射線治療後などの神経麻痺や、重症筋無力症のなどのように神経から筋肉に情報がうまく伝達されない病気が原因で眼瞼下垂になることがあります。
また、眼瞼挙筋そのものの筋肉の病気(ミトコンドリア脳筋症、ミオパチーなど)や、顔面神経麻痺で眼瞼下垂になる場合があります。

神経・筋肉が原因の眼瞼下垂の殆どに複視(乱視でないのに物が二重に見える)があります。

 - 眼瞼下垂

PC用

PC用

  関連記事