目の病気情報館

飛蚊症・白内障・緑内障・黄斑変性症などの目の病気の症状原因治療対策やドライアイ・疲れ目・視力の改善回復方法などの情報です

コンタクトレンズの基礎知識

近視・遠視・乱視・老眼の矯正方法は主にメガネとコンタクトレンズです。コンタクトレンズは高度医療機器のクラスⅢに分類され、医師でなければ処方してはいけないことになっています。購入しやすい通販などで利便性が向上した反面、基本的なコンタクトレンズの知識がないばかりに、目の病気や視力障害などの進行に気づかないケースも増加しています。

ハード・ソフト・使い捨てコンタクトレンズの種類も増えて選ぶのに迷うほどです。目の状態にあったコンタクトレンズ選び・コンタクトレンズの知識・適正なレンズケアが大切になります。

コンタクトレンズの種類と選び方

安全かつ快適にコンタクトを使用するには眼科医の診断が不可欠です。希望を眼科医に伝え、診断と処方をもとにコンタクトレンズを決めてください。素材やデザイン(レンズの直径厚み・度の入っている部分の大きさなど)がフィット感や矯正視力に影響します。

メガネやコンタクトレンズのバリエーションは広いですから、普段はメガネやハードコンタクトレンズを使用して、スポーツや旅行の時に使い捨てコンタクトレンズを使用するなど、ライフスタイルやその時々に合ったコンタクトレンズを併用する人も増えているようです。

使い捨てソフトコンタクトレンズ
ソフトコンタクトレンズは水分を含むと柔らかくなる素材のレンズで、装用している感じが殆どなく、ずれにくく外れにくいのが特徴です。酸素透過性に優れたレンズもあります。
レンズに蓄積される汚れの目に対する悪影響の軽減や、破損・紛失の心配がないなどの理由から、使い捨てがソフトコンタクトレンズの主流になっています。使い捨てには1日・1週間・2週間で新しいレンズに交換するタイプがあります。ライフスタイルや経済性を考えて自分に合ったタイプの使い捨てコンタクトレンズを選択するのがよいです。

酸素透過性ハードコンタクトレンズ
ハードコンタクトレンズは水分を殆ど含まない素材のレンズで、素材の分子の隙間を通して角膜に酸素を供給します。硬い素材のため装用開始時にゴロゴロするような異物感を感じることがあります。ハードでは近視・遠視と同時に乱視(一部の乱視を除く)の矯正も可能です。

 - 視力回復矯正方法

PC用

PC用

  関連記事